BB虎彦の野球ブログラブ
子供の頃から大好きな野球。大人になり、わが子がはじめた野球。                                      一緒に野球をやってみよう。思い入れいっぱいのグラブを片手に・・・
CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

よく訪れるサイト

BBAにGO!

日本野球機構

日本学生野球協会

全日本大学野球連盟

日本高等学校野球連盟

東京六大学野球連盟

わたしの参考書

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
『褒める』と『認める』
2009/07/30 23:58 [Thu]
category:やる気の素
褒める (ほめる)

人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる
(Yahoo!辞書より)



認める (みとめる)

1 目にとめる。存在を知覚する。気づく
2 見て、また考えて確かにそうだと判断する。
3 正しいとして、また、かまわないとして受け入れる。
4 能力があると判断する。
5 気をつけて見る。じっと見る。
(Yahoo!辞書より)


克の1学期が終わりました。
終業式は7月18日でしたが、特別授業(という名の普通授業)が昨日まであり、今日は三者面談でした。

中高一貫校に入学して、早や3か月が過ぎ、いろいろな経験をしました。
中間考査と期末考査も経験しました。
そして、初めての通知表・・・

こちらも緊張の瞬間でしたが・・・
普段の生活ぶりからすると、思ったよりも良い成績でした。

しかし、まだまだ改善の余地あり・・・といったところです。
担任の先生からも、そのあたりを指摘されました。
『もう少し頑張れば、トップが狙えそうなのに・・・非常にもったいない』
『力をフルに発揮する勉強の方法を、早く身につけてほしい』
そう言われた克ですが、分かっているのかいないのか・・・

今日は、仕事から帰るのが遅くなりました。
家に帰ると、克は机に向かい勉強をしていまいた。

現状について、克と少し話をしました。

『頑張ってきたことは認める。』
『成績を褒めてほしいやろうけど、褒めることはしない』
『褒めると安心してしまうやろ。だから褒めない』

克は褒めてほしかったことでしょう。

秀は、試合や練習から帰ってくると、おじいちゃんおばあちゃんに『よく頑張ったなぁ』と褒めてもらいます。
勝っても負けても褒めてもらいます。
野球はビジュアル的に分かりやすいです。
真っ黒に汚れたユニフォームは、それだけで『頑張ってきた!』と主張します。
まぁ実際に頑張ったのだから、褒めてあげることは良いことです。

勉強の成績は、それそのものだけで評価されがちです。
克の成績は、決して悪くありません。良い方だと思います。
おじいちゃんおばあちゃんにも褒めてもらったようです。

わたしにも褒めてもらいたかったと思います。

『認める』けど『褒めない』
厳しいようですが、現状に満足しないように、あえて褒めません。

わたしは克に、こう言いました。

『いつも秀だけ褒めてもらって羨ましいなぁ・・・と思っているかもしれないが・・・』
『お父さんは秀のことも褒めたことはないんだよ』
『この前の練習試合で秀がホームラン打った時も「よく打ったなぁ・・・」とか言って、褒めてないよ』

克は少し意外そうでした。

わたしはこう付け加えました。

『次も、もっと打てるように頑張れ・・・とは言った』
『だから、秀は夏休みになってから素振りとティーバッティングを頑張ってるやろ』

『褒める』と『認める』の違い

わたしの考える『認める』は・・・

『今の成績・結果と、そこに辿り着くまでの過程を見てたよ』
『これからの頑張り次第で、成績・結果がどう変わるのか?見守りつづけるよ』

『褒める』は・・・

『この成績・結果・・・良く頑張ったね』
『次も頑張ろう』

わたしの考える『褒める』と『認める』の違い・・・
この微妙なニュアンスをなかなか上手く伝えられないです・・・ (^_^;

克にもこのニュアンスの違いを説明しましたが・・・
多分理解してもらってないと思います。

これからの頑張りで、自分の成績が、そして自分自身がどう変わるのか実感してほしい。
その願いを込めて、敢えて褒めることはしません。
でも、認めているよ・・・とだけは強調しておきました。

結果・成果はもちろん大切ですが、そこに至るまでの過程はもっと大切です。
そのことに、できるだけ早く気付いてほしいです。



横で聞いていた克じじ(わたしの父)に言います。

『おやじに褒めてもらったことなんてないよなぁ・・・』とわたし・・・

『でも、叱ったたこともないぞ』

そうなんです、褒められたことはありませんが、叱られたこともありません。

わたしに対する
父の教え

みんなのために働きなさい


勉強に関する忠告は・・・

赤点だけはとるな

たったこれだけです (^。^;

周りのみんなのために働く・・・
なかなか難しいもんです。

赤点とらないように・・・
最近は集中力なく、仕事で赤点だらけです・・・ (T。T)
難題が次から次へと押し寄せて・・・
イライラして失敗つづきで・・・
凹んでばかりです。

父親として、克に『認めて』もらえるように、頑張らないといけません。

明日は
3月のつづきで、大阪に乗り込みます。
難しい局面になりそうですが『認め』られるように集中です!

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bbbloglove.blog34.fc2.com/tb.php/354-492c97b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

BB虎彦

Author:BB虎彦
・典型的なA型
・後厄!厄が落とせるか!?
・野球大好き(虎は特に好き)
・グラブのお手入れ大好き
・グラウンド整備も好き
・流れる雲を眺めるのも好き

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。