BB虎彦の野球ブログラブ
子供の頃から大好きな野球。大人になり、わが子がはじめた野球。                                      一緒に野球をやってみよう。思い入れいっぱいのグラブを片手に・・・
CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

よく訪れるサイト

BBAにGO!

日本野球機構

日本学生野球協会

全日本大学野球連盟

日本高等学校野球連盟

東京六大学野球連盟

わたしの参考書

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
長い戦い
2009/09/06 00:49 [Sun]
category:グラウンド
8月に入ってから始めたホームグラウンドの除草作業

1塁側は見た目的には概ね完了しました。

でも、しつこい雑草がポツポツと生えています。
芝系の地下茎が残っているので、次から次へと復活してくるでしょう。


1塁側 バックネット側からの眺め
1塁側 バックネットから H21.9.5

白い線はボールデッドラインです。
分かりやすいように書き込みました。

白線よりも右側の、草のないところは一塁側ベンチです。
踏圧が激しいので、草があまり生えません。

奥の緑色の部分は、一見するとキレイな芝生のようですが『雑草エリア』です。
土と緑の境界線をボールデッドラインに合わせたので、カッコよく仕上がりました。
土の山が見えますが、これは雑草の根に溜まっていた
フカフカの土を掻き集めたものです。
グラウンド整備に使いたいのですが、雑草の葉や根がたくさん混じっています。
ふるいにかけて余分なものを取り除く必要がありそうです。

1塁側 ライト奥からの眺め

1塁側 ライトから H21.9.5

この写真もボールデッドラインとファウルラインの白線を書き入れました。
雑草を全部は取り除けないので、せめて見栄え良く・・・
と、いうことで曲線的に仕上げました。

土のところで、周りと若干色が違うところに雑草が蔓延っていました。
今日も、小さな雑草が顔を出し始めていました。
しばらくの間は、練習のウォーミングアップでこの場所を使って雑草をやっつけたいと思います。

次は、今日から始めた3塁側・・・

まずはバックネット側から

3塁側 作業開始 バックネット側から H21.9.5

次はレフト奥からの眺め

3塁側 作業開始 レフト側から H21.9.5

両方とも、少し作業が進んでからの写真です。
1塁側よりも根が深く入り込んでいます。

そして、本日の練習終了時点の写真・・・

3塁側 途中経過 レフト側から H21.9.5

まだまだ時間がかかりそうです。
雑草の山をグラウンドに残したままなので、やっつけないといけません。
明日は審判講習会があるので、ほとんどのお父さんはそちらに参加です。
中学校の運動会もあるので、明日の練習に参加するお父さんはわたし一人です・・・
一人での作業は、なかなかはかどらないでしょう。

練習前の早朝から作業を始めるか・・・
練習の終わった午後からコツコツやるか・・・
悩ましい選択です・・・

1塁側で復活するであろう雑草群(雑草軍)と、3塁側の強敵・・・
長い戦いになりそうです。

でも、子供たちだけでなく保護者も含めた誰もが誇りを持てるように・・・
『あそこのグラウンドは素晴らしい』と、他のチームから認めてもらえるように・・・
なにより自分たちが『フィールド』と呼べるように・・・
大事な『何か』を得られるように・・・
戦い抜きたいと思います。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bbbloglove.blog34.fc2.com/tb.php/363-79192278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

BB虎彦

Author:BB虎彦
・典型的なA型
・後厄!厄が落とせるか!?
・野球大好き(虎は特に好き)
・グラブのお手入れ大好き
・グラウンド整備も好き
・流れる雲を眺めるのも好き

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。