BB虎彦の野球ブログラブ
子供の頃から大好きな野球。大人になり、わが子がはじめた野球。                                      一緒に野球をやってみよう。思い入れいっぱいのグラブを片手に・・・
CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

よく訪れるサイト

BBAにGO!

日本野球機構

日本学生野球協会

全日本大学野球連盟

日本高等学校野球連盟

東京六大学野球連盟

わたしの参考書

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ちなみに・・・
2009/12/08 00:32 [Tue]
category:
当地域は雪国で、今シーズンの公式戦の日程はすべて終わりました。
スコアブックを整理して、全選手の個人成績をまとめています。

そんな中で、今シーズンの秀の
打撃成績は・・・

121打席 88打数23安打 打率.261 12三振 30四死球 3犠打 13打点 26得点

6年生の試合に4年生の秀が挑んでこの成績・・・
まぁよく頑張っていると思います。

ちなみに・・・

6年生引退後(5年生以下の新チーム)の12試合だけの成績だけで計算してみると・・・

33打席 21打数8安打 打率.381 1三振 12四死球 0犠打 1打点 9得点

6年生投手相手では、なかなか良い成績が出せませんでした。
その苦労の甲斐あり、5年生投手には十分対応できる力をつけてきたようです。

毎日、独自に開発したバッティング自主練に励んでいます。
この練習を始めてからバッティングが上向きになっています。
また、皆さんにご紹介して、ご意見をいただきたいと思います。

あえて秀にはトータル成績しか伝えません。
もっともっと頑張ってもらいましょう!

「日々努力」

日々努力あるのみです。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
セイバーメトリクス
九州の野球小僧の父です。

セイバーメトリクス
数値化にして分析。
悪くない方法ですよね。

データ取るのが大変ですが。
ストップウオッチを使って、牽制や送球タイムを計りは私なりにやっていましたから、やはりでしたけれど、
少年野球や中学野球で、
プロ野球契約のための査定表みたいな、セイバーメトリクスが降りてきているとは思いませんでした。

レッドソックスはじめ、大リーグが、上手くトレードで活用したと、Numberかなにかで、読んだ気がしていましたが…。

もうちょっと、気にかけときます。そういうトレンドがきそうですからね。


ところで、神戸、室内練習場や、グランド気分いいでしょうね。

うらやましい。私もノツク受けたい。
【2009/12/23 11:44】
URL | 野球小僧の父 #- [ 編集 ]

野球小僧の父様
野球小僧の父様 コメントありがとうございます

あくまでも指標としてまとめている程度です。

今までは「感覚的」だった、選手一人ひとりの特徴が、数値化することで確認できる、といったメリットがありました。

ただし、あまりにも数字にこだわるあまり、子供たちから「思い切り」を奪わないようにしないといけません。

大学や高校の野球では、データ分析に利用して個々の指導に取り入れてもよいかなぁと思います。
でも、子供のうちは個性・長所を伸ばす材料として、指導者が頭の片隅に入れておく程度の利用にとどめておくのが無難だと思います。

個人的には、データのとりまとめをしている時間はとても楽しいです (^。^)
【2009/12/23 22:38】
URL | BB虎彦 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bbbloglove.blog34.fc2.com/tb.php/369-51ca9bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

BB虎彦

Author:BB虎彦
・典型的なA型
・後厄!厄が落とせるか!?
・野球大好き(虎は特に好き)
・グラブのお手入れ大好き
・グラウンド整備も好き
・流れる雲を眺めるのも好き

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。