BB虎彦の野球ブログラブ
子供の頃から大好きな野球。大人になり、わが子がはじめた野球。                                      一緒に野球をやってみよう。思い入れいっぱいのグラブを片手に・・・
CalendArchive

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

よく訪れるサイト

BBAにGO!

日本野球機構

日本学生野球協会

全日本大学野球連盟

日本高等学校野球連盟

東京六大学野球連盟

わたしの参考書

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
セイバーメトリクス
2009/12/11 23:52 [Fri]
category:少年野球

セイバーメトリクス
(SABAmetrics,Sabermetrics)

野球において、データを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法である。
野球ライターで野球史研究家・野球統計の専門家でもあるビル・ジェームズによって1970年代に提唱された。

アメリカ野球学会(Society for American Baseball Research)と測定基準(metrics)を組み合わせた造語。

野球には様々な価値基準・指標が存在する。
セイバーメトリクスではこれらの重要性を数値から客観的に分析した。
それによって野球における采配に統計学的根拠を与えようとした。

しかし、野球を知っているものならば「常識」であるはずのバント・盗塁の効力を否定するなど、しばしば野球の従来の伝統的価値を覆すものであると同時に・・・≪中略≫・・・当初は批判的に扱われた。
この理論が一般的に知られるようになった現在でも「野球はデータではなく人間がプレーするもの」という野球哲学を持つ人々からは歓迎されていない風潮がある。

1990年代にはメジャーリーグでもチーム戦略の一環として重視されるようになった。

日本の野球会ではまだ伝統的価値観が支配的であり、戦略として積極的にセイバーメトリクスを取り入れるチームは少なく、千葉ロッテマリーンズがデータ解析専門家にポール・プポを招聘している程度である

( Wikipediaより抜粋)


シーズンオフになり、今年1年間の個人打撃成績をとりまとめています。
打率や打点、得点など、日本のプロ野球でよく見かける成績を整理していると、今年一年の記憶が蘇ります。

そんな中、以前から気にはなっていたものの、詳しく勉強したことのなかった「セイバーメトリクス」
今回はセイバーメトリクスを使って、選手一人ひとりの成績を分析してみようと思います。

まずは秀の成績を使って、分析開始です・・・
ちなみに今シーズン38試合(うち出場35試合)の秀の成績は・・・

121打席 89打数23安打 打率.258 12三振 30四死球 3犠打 13打点 26得点

先日の集計は少し間違っており、89打数23安打で打率は.258が正解でした。
集計って、なかなか大変です。


上記の他に、必要な記録は・・・

出塁率 .445 長打率 .337
23安打の内訳 19単打 2二塁打 1三塁打 1本塁打
0犠飛 20盗塁 2盗塁刺 0併殺打

セイバーメトリクスには、いろいろな評価基準・指標があります。
今回は以下の基準で分析をします。

OPS (On-Base plus slugging)
NOI (New Offensive Index)
IsoP (Isolated Power)
SecA (Secondary Average)
TA (Total Average)
RC (Runs Created)
BB/K (Base on Balls per Strikeout)
IsoD (Isolated Discipline)


まずはOPS(On-Base plus slugging)から・・・
OPS=出塁率+長打率 で計算します。

OPSは打率の欠点(単打と長打を同じ評価にしていることと、四死球を無視していること)を補った評価方法です。
この数字が高いほど得点に貢献しているといえます。

秀のOPSは .782 です。
打率はそんなに高くなく、長打も少ないのですが、少年野球特有の四死球の多さがあり、結構高い数字になりました。

ちなみに、'09のプロ野球の成績は、セ平均が .703 で、パ平均は .740 です。

次はNOI(New Offensive Index)。
計算方法は NOI=(出塁率+長打率/3)×1,000

出塁率:長打率の割合を3:1にすることで、OPSよりもチームの総得点数との近似性を高めた評価方法です。
OPSよりも本塁打の価値が下がる代わりに四球の価値が高まります。

500以上で主力選手との評価となるようです。
秀のNOIは 557.3 です。
少しずつではありますが、チームに貢献できるようになってきました。

NOIは長打力の価値が少し下がりますが、次は長打力を評価するIsoPです。
IsoP=長打率-打率 で計算し、純粋に長打力を評価できます。
安打がすべて単打の場合は数字が0になります。

秀の成績は .079 です。
ほぼ0です・・・
長打があまりないですね・・・ (^_^;

OPS,NOI,IsoPで判断すると・・・
長打力はありませんが、2番バッターとしてチームに貢献できるようになってきたということでしょうか・・・

次回はSecA,TA,RCを用いて、機動力,チャンスメイク能力,得点能力の指標を考察してみようと思います。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bbbloglove.blog34.fc2.com/tb.php/372-88857467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

BB虎彦

Author:BB虎彦
・典型的なA型
・後厄!厄が落とせるか!?
・野球大好き(虎は特に好き)
・グラブのお手入れ大好き
・グラウンド整備も好き
・流れる雲を眺めるのも好き

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。